スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうこれは過去のこと 

結構前の出来事です。

ドアを開けた時の足もとライト、両ドア完成しました!!!


以下、詳細ですよー( *^皿^)



まずは、ドアの内張りを剥がしましょう。

取っ手の付いている辺りと、ドアレバーの辺り、恐らく2つネジが付いていると思うので、ドライバーで外します。

車種によっては、窓の縁に樹脂カバーが付いているので、これを真っ先に外しましょう。



外し方は・・・

引っ張ればまあ外れるでしょう(´ω`;)





・・
・・・
2013-04-23-01

外しました。

私の車はデットニング済みなので、作業が少々めんどくさいです。

なにせ、配線作業のたびにスピーカーを取り外さないといけないからね(;´Д`)ノシ


それはさておき。


左側にもう見えてるんですが、これが今回貼るテープLEDです。

正面発光タイプの5m物を切って防水処理したものを使っています。


で。

どこに配線を通すかというと・・・

2013-04-23-02

ここです。

雨水の逃がし用の穴だと思いますが、配線一本如きで詰まったりはしないでしょう(¬_,¬)b

2013-04-23-03

早速通しました。

・・・あ、スピーカーはメーカー物を使っているなら鉄板に張り付くので、邪魔にならないところに貼っておくと吉かも( *^皿^)




・・
・・・

さて、ドア内部から車内に引き込みます。

ドアと車内を繋ぐパイプラインは1つで、ゴムチューブみたいな奴の中を通します。

2013-04-23-04

隙間があるはずなので、ここに配線通しをねじ込みます。

あまり無理してねじ込むと、既存の配線を傷つけてしまうことがあるかもなので、慎重かつダイナミックに通しましょう。




・・
・・・

2013-04-23-05

ネジ込みました。

少々見づらいですが、ドア内部に配線通しが出ているかを確認します。

2013-04-23-06

とても状況が掴みにくいけれど・・・、これはドア内部です。

右側のシルバーのリングが配線通しです。

このリングに、LEDから伸びてるケーブルを引っ掛けます。

頭を突っ込みながら作業できないと思うので、ここは手先の感覚で頑張りましょう!!(。-∀-)ノ


引っ掛けたら車内側から勢い良く・・・じゃなくって、慎重に引っ張りましょう(¬_,¬)b

ところどころ引っかかると思いますけど、そのまま引っ張れば意外と引き込めます。


後は前記事で説明した回路に組み込んで終了です。

作業時間はドアからの配線引きこみで30~60分、配線&回路作成作業で1時間強ですね。




で。

やっぱり配線は隠したいですよね!ヽ(´ー`)ノ フッ


2013-04-23-07

写真の①、②のところに爪があって、ここをうまい具合に引っ張ると『ゴギャッ』といい音(?)を立てて取れるので、頑張って外しましょう。

シートベルトの収納周辺は、フロントもしくはリアから皮むきして行きましょう(写真忘れたからなんとも言い様がない)。


・・・まあ、いろいろ手かけて取って、その下に配線通しました、以上です。

純正配線は運転席側を通っているので助手席側は少々狭いですが、全く通せないとかいうバカな話はないので、ご安心を(。・ω・。)ノ

ただ少し通し辛いだけですよ。



リアのドアは別のテープLEDを使っています。

こんな感じ。

2013-04-23-08

ホワイトベースの青です。

こっちのLEDは『青青青青』的な感じで、フロントは『青青青緑』って感じです。

全く同じ色じゃないけど、後ろを入れ替えるとなるとしこたま面倒なので、やめました。





外観はこんな感じ。

2013-04-23-09

2013-04-23-10

2013-04-23-11

2013-04-23-12



以下、内装。

2013-04-23-13

2013-04-23-14



という所で、今日はこの辺りまで。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメント

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazudekazu.blog77.fc2.com/tb.php/123-017b0a86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。