スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何時ぶりだろうね 

ほんとに何時ぶりでしょう?
色々あって何書いていいやら、文を起こしている内に書きたいと思っている内容がこぼれ落ちて・・・。

うん、完全に書ききれないや。


というわけで、お久しぶりです。らいが!です。

働いてからというものの、自由に使えるお金が増えるっていうのは素晴らしい!!
衝動買いなんてザラにあるから困るw


以下追記に~





さてさて。
今回は車関連での記事ですよー。


車といえば、イルミネーション!・・・と思うのは俺だけだろうか?
それはともかく、LEDウィンカーのキレは感動モノ。
純正球のぼんやりした明滅なんてへじゃないくらいキビキビ動くwww

ただね、純正球と入れ替えるだけじゃハイフラッシュっていう高速で点滅する現象が起こりまして。
これを改善するには以下の3つの方法があります。

①ウィンカーリレー自体をICリレーに交換
 車種によってはリレーがヒューズボックスと一体化しているのもあり、その場合は不可能です。
 ちなみに、俺の車は一体化してました(ホンダ、LifeDIVA)
 また、一部の車種ではコンピュータが正常に作動しなくなるなどの副作用が出る場合もありますので、完璧ではありません。

②ウィンカーの配線に抵抗を噛ませる
 純正配線に噛ませることになるので、勿論ウィンカーの配線は傷付く。
 ウィンカーポジション用のソケットを利用すれば、その配線に噛ませることもできるので、こっちがオススメ。
 抵抗値は3Ω、6Ω、8Ωの3種ありますが、同じ点滅速度を維持するならば7.2Ω~9.9Ωになるそうです。
 それに関してはこちらのサイト様で詳しく説明されておりますので、参考にしてください。

③レギュレーターを噛ませる
 抵抗の代わりにレギュレータというモノを噛ませるのですが、時折動作が不安定になる上に商品自体が5千~8千円程度(だったかな)と割高。
 こちらはオススメ出来ませんね。


総合して、②が失敗等は無いと思いますが、低消費電力のLEDを使うなら、①をやってみたいですよねw
②だと抵抗で電力くってしまう・・・。




で、だ。
俺は②しか選択肢が無かったから、抵抗を挟めることにしました。
オススメ通り、ウィポジソケットを利用してやったので、純正配線は傷付けずに済みましたが、ソケットを若干カッターなどで削らなければならないという弊害もありましたが、難なく終わりましたw


LEDバルブはGTXというネットショップの50Wアンバーを購入しました。

実際付けてみたら・・・ほんとに爆光www
純正球より若干明るかったです。
LEDは純正球に比べると他車からの視野性に欠け、点滅を確認できない光量のLEDバルブ(格安品)も転がっている始末。
特に日中はそうですね、純正球より若干明るいコイツでもとりあえず光ってるのはなんとか見えるレベル、純正球と変わらない光量って感じでしたね。
まあリフレクターを有効に反射してないっていうのが主な原因なんだろうけど、LEDは日中に力不足を感じるね。




というわけで、今回の買い物はそこそこアタリ。
でもリフレクターを有効に反射してないのは納得行かないかなー。



さて、結局何を書きたいのか分からなくなって来た所で、今日のところは終わりとさせていただきますよ(;゚∀゚)


でわ、また今度に((´∀`*))ノシ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメント

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazudekazu.blog77.fc2.com/tb.php/124-c07938d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。